タトゥーがあっても生命保険の加入は可能?

タトゥーがあっても生命保険の加入は可能?

タトゥー(刺青)がある事で、様々な制限を受ける事が多い日本。公共施設で裸になるようなプールや入浴場などの他、様々な場面で制限を受ける事になります。

 

そして、日本人の多くの人が加入していると言われている生命保険。そんな、生命保険に加入する際も、今までの病歴など様々な審査をクリアしなければ、加入する事ができないものになっています。

 

また、反社会勢力に人は、生命保険に加入する事ができなくなっています。

 

そんな、条件の多い生命保険の加入条件。そして、反社会勢力=タトゥー(刺青)と言うイメージが根強い日本においては、加入の際にタトゥー(刺青)があると言う事で、加入を断られる場合があります。

 

しかし、必ずしも、そうではなく、例え、タトゥー(刺青)が体にある事が分かっても、反社会勢力とは、全く無関係であると言う事が証明されれば、生命保険に加入する事が認められる場合もあります。

 

とは言っても、タトゥー(刺青)=反社会勢力と言う事だけで、加入を断られる理由ではなく、医学的な理由で、加入を断られるケースも多くなっています。

 

例えば、肝炎などの感染症が考えられるタトゥー(刺青)。タトゥー(刺青)を入れる際に不衛生な機器や器具を使用する事で、このような感染症の危険が高まる事が考えられるため、加入を断ると言った生命保険も少なくありません。

 

その他、MRIなどの検査を受ける事が出来ない場合もある為、そのような理由から毛入を断られるケースもあります。

 

このように、タトゥー(刺青)が体にある事で、生命保険の加入において、不利になる事が多いと言う事は事実です。とは言っても、すべての生命保険において、加入する事ができないといった事はなく、会社を選ぶ事で加入する事ができる場合も多くなっています。

 

そのような事から、まず、担当者に正直にタトゥー(刺青)がある事を伝え、その上で契約が可能かと言う事を確かめておく事をお勧めします。そうする事で、支払いなどの際にトラブルを起こすことなく受け取る事ができると思います。