タトゥーがあるとMRI検査は受けれない?

タトゥーがあるとMRI検査は受けれない?

タトゥー(刺青)がある事で、制限される事が多くなっています。その中でも、医療現場においては、MRI検査を受ける事ができなと言う事態が発生します。

 

その理由の一つにタトゥー(刺青)箇所がMRI検査によって、やけどしてしまうと言う事が言われています。タトゥー(刺青)は、専用の塗料を体に塗り込む事で行うものになっています。そして、その塗料の種類の中には、磁性体と呼ばれる元素が配合されている場合があるのです。

 

この磁性体と呼ばれる元素がMRI機器の磁力に科学反応し、やけどしてしまうと言われているのです。

 

MRI検査の場合、強力な磁気を発生させ、体の内部を撮影する方法になっています。その為、一般的にも時計やフックなどが付いた衣服などを身に付ける事なく、検査を行います。

 

取り外し可能なものにおいては、問題ないものの、タトゥー(刺青)の場合は、取り外す事など出来ず、その結果、MRI検査を受ける事ができない場合も考えられるのです。

 

とは言っても、タトゥー(刺青)が全身に入っていない限り、そのタトゥー(刺青)箇所を避けてのMRI検査は可能になっています。

 

万が一、撮影したい場所にタトゥー(刺青)があった場合も、少しだけ避けてMRI検査を行う事も可能になっています。
その為、タトゥー(刺青)があるからと言って、必ずしもMRI検査が全くできないと言う事はありません。

 

また、タトゥー(刺青)がある事によって、やけどなどの危険性が高い事を承知する事で、医療機関によっては、MRI検査を受ける事ができる場合も多くなっています。

 

そのような事から、タトゥー(刺青)があるからと言って、MRI検査をあきらめるのではなく、やけどの危険性が高いと言う事を知ったうえで、検査を希望する事をお勧めしたいと思います。

 

MRI検査は、体の異変を調べる為には、欠かす事ができない検査方法の一つになっています。その為、タトゥー(刺青)があると言う事で、初めからあきらめることなく、場合によっては、検査を受ける方が大切になってくると言えるのです。

 

ゴルフ 初心者